これから必要とされる薬剤師とは?

研修認定薬剤師制度

認定薬剤師とは、研修認定薬剤師制度のもと、倫理、基礎薬学、医療薬学、衛生薬学及び薬事関連法規・制度など、良質の薬剤師業務を遂行するために、自己研鑽した成果について、一定期間内(新規4年以内、更新3年毎)に所定の単位を取得したと申請した後、認定された薬剤師です。
認定されたことにより、他の医療従事者や患者様からの信頼を高め、常に時代に即した薬学的ケアを行える薬剤師であることを示すことができます。
また、この認定は、免許の更新と同じ効果を期待するものでもあります。

​(日本薬剤師研修センターHPより)

上のグラフは研修認定薬剤師の認定者数の推移です。

2016年4月の調剤報酬改定により、新しく追加された「かかりつけ薬剤師指導料」をとるために認定薬剤師になる必要があります。今後、かかりつけ業務を行っていない薬局が調剤点数が減らされ、大幅な減益につながってしまうことから、業界全体として、認定薬剤師の取得が急激進んでいます。

この流れはこれからも加速していくと思われます。

現在は薬剤師の転職市場は売り手市場ですが、将来的にはより技能が優れている薬剤師への需要が集中してくることが予想されています。

​将来のキャリアを考えた場合、今のうちから計画的に認定の資格を取得しておくことが必要です。

研修認定薬剤師取得を目指すなら、認定取得支援を行っている求人を多数扱っているファルマスタッフがオススメ!

ファルマ.jpg

 

地域医療・在宅医療の拡充への対応

研修認定薬剤師の推進にもあるように、今後、薬剤師にはより高度な知識が求められていることは確かです。

それに加え、今後、在宅調剤での調剤点数加算などによる地域医療拡充が予想されています。

これからの薬剤師は高度な知識の習得だけではなく、

コミュニケーション能力やコンサルティング能力までもが必要とされてきます。

決して遠い未来の話ではなく、今、薬剤師の働き方が大きく変わろうとしている時期なのだと私は考えています。

自分の将来を考えたとき、今何をすべきなのか、各個人が具体的に考え、行動に移すことが必要です。

転職というものは人生において、そう何回もできるものではありません。

転職を検討する際は、決して妥協はせず、複数の転職サイトに登録し、

自分が目指すキャリアにあった求人を納得いくまで探してください!

​売り手市場の今だからこそ、選択できる可能性は広がっています!。

オススメサイト
ファルマスタッフ
薬キャリ
リクナビ薬剤師
ファーマジョブ
クリアハーブミスト.jpg
いい転職.png
レナセル.jpg
ミラセレブ201903111421598740.jpg
プレマーム.jpg
モンマルシェ.jpg
コノハ.gif

copyright 薬剤師の転職サイトは厳選しよ? 

 https://www.yakutensoudan.com/all